CRF250Lに乗り始めてから、
ハンモックとガスバーナー程度の装備で
ちょこちょこデイキャンプには出掛けていたのだが
初めてテント積んで野営に!

Amazonでしばらく欠品していて、購入したことも忘れていたリアキャリアが届いたので

「荷物を積んで走ってみよう!」

と思い立って山梨方面へ

ツーリングバッグを持っていないので
手持ちのノースフェイスのBCダッフルM(65ℓ)をROK Strapで括り付けてGO!

created by Rinker
THE NORTH FACE(ザノースフェイス)
¥19,500 (2024/03/03 11:05:33時点 Amazon調べ-詳細)

BCダッフルには側面にウレタンマットなどを括れるストラップと
物をぶら下げたりガジェット拡張できるモールループがついているので
そこにROK Strapを通して締めればバッチリ固定

現地調達の食料は空いてるタンデムシートのスペースへ


BCダッフルには以下を収納

軽量のドイターのバッグパックには

  • スマホ
  • 財布
  • モバイルバッテリー&充電ケーブル
  • ハンドタオル
  • タバコ

ちなみにナビには
スマホホルダーには使わなくなった古いiPhone8sをセット
目的地含むエリアのオフラインマップを仕込んだGoogleマップを仕込みテザリング運用

関東地方、梅雨明けの翌日
雨の心配もなさそうなので
テントはフライシートは使わずインナーのみ

持っていったのは
MSR Elixir2

昼飯はスーパーで買ったジャンバラヤを温め直して粗挽きウインナーを追加

空腹満たして、川で涼みながら追いビール


から、テントで昼寝

夜はスーパーで買った惣菜の焼き鳥を焚き火で焼いて晩酌
薪は川辺の流木を現地調達

飯で頑張りすぎないことが野営(キャンプ)の肝だと思ってます

お腹が空いたときのためにカップ焼きそば用意してましたが、ビールでお腹いっぱいに

睡魔に襲われ就寝

朝方一気に涼しくなり、
肌寒くなってシュラフを取り出した以外はぐっすり

余ってる拾ってきた薪で焚き火起こして
朝飯は、定番のソーセージ&目玉焼き&パン

二度寝して、水辺で涼んで撤収

自然に「涼」と「癒し」を頂きました。

今回の野営で
バイクツーリングでトレードオフしてしまった

あったら良いな!

と思った物

  • ローチェア(グランドチェア)
  • 履き替え用サンダル
  • そこそこ保冷力のあるクーラー
  • ノコギリ
  • 薪バサミ(忘れ物)
  • 読書用の本

One thought on “CRF250Lでキャンプ(2023年7月)”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です