オイルランタンの定番

FEUERHAND BABY SPECIAL 276

そのラインナップの中でも、
最も無骨で
価格も安いジンク(亜鉛)を使ってます

楽天の購入ログを見ると

当時の価格は

3,400円(税別)

でしたが


昨今のキャンプブーム
そしてコロナ渦の影響で輸入量が減っていることもあってか
フリマサイトでは転売もたくさん


店売りでもアホみたいに値上がりしている

created by Rinker
フュアーハンド(FEUERHAND)
¥3,482 (2024/07/15 21:20:49時点 Amazon調べ-詳細)

こんな状況なのでちょっとは大切にしてあげよう!と…

愛着はあるけど、

ほとんどメンテせず

結構ガサツに使ってきたため
煤まみれ、泥まみれ、砂まみれ、油まみれのみすぼらしい姿だったものを掃除した

しかし、元々このジンクカラーは錆びないように亜鉛メッキが施されたマットシルバーなので
なにをやってもくすみがちな色

そこで閃いた!

亜鉛メッキを剥がしてみよう!

ちなみに

鉄に亜鉛メッキしたものは「トタン」

鉄にすずメッキしたものは「ブリキ」です

以前にブリキ缶のメッキを剥がしてエイジングした際は

物理的にヤスリを使ってメッキを剥がしました

 

しかし、ランタンは形が複雑なのでかなり手間がかかる

なので、熱でメッキを剥がす方法に着手

やり方は簡単

ガスバーナーで焼いていくだけ

もちろんホヤやバーナーは取り外し
タンクの中の燃料も空の状態で作業します

バーナーの炎を当てていると
その部分がロウソクが解けるように色が変わります

これがメッキが剥がれた印

ベースにダメージが無いよう
気をつけながら少しずつ剥がしていけばOK

焼き終えたら
そのままの状態ではみすぼらしいままなので

金属磨きで磨きます

created by Rinker
ピカール(Pikal)
¥821 (2024/07/16 03:44:22時点 Amazon調べ-詳細)

マットなジンクカラーとは一味違う趣で
鏡面!

とはいきませんがなんとも言えぬ色っぽい輝きがでます


自分はあえて完璧には磨かずに

タンクのところの「FEUERHAND」や品番、「W.GERMANY」など
刻印の凹凸にコントラストが際立つようにしてみた

亜鉛めっきを剥がしたことにより錆びやすくなりますが
バーナーで焼きを入れた際に若干物理的に酸化していると思うので
がっつりと赤錆が浮くことはない!

と予想しています

しばらくこの状態で使ってみて
経過はまたここで!

One thought on “FEUERHAND 276 ジンクのお色直し”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です